ダイレクト型(通販型)自動車保険が安いワケ

現在、急速にユーザー数を増やしている自動車保険の中に、通販型自動車保険があります。ダイレクト型とも言われていますが、文字通り、直接保険会社と契約などの手続きをするシステムの自動車保険です。インターネットを使って自動車保険の見積もりを取り、同じくインターネットを使って自動車保険の加入手続きをするスタイルが特徴で、契約内容や手続きに関してわからないことがあれば、電話で問い合わせて直接オペレーターに相談することもできます。なぜ、通販型自動車保険が支持されているかというと、保険料が安い点が挙げられます。

代理店型の場合、日本全国に営業所を設ける必要があり、それぞれにスタッフを置かないといけないので、その分の人件費がかかってしまいます。ところが、通販型自動車保険の場合は、インターネットですべての手続きが完了します。そのため、あちらこちらに営業所を作る必要がありませんし、スタッフに関しても、日本全国に代理店を置くのと比較すれば少ない数で十分やり繰りできます。このため、人件費も店舗の維持費も最小限に抑えられます。このように、代理店と比較して飛躍的にコストカットができるので保険料を安くできるというわけです。

通販型自動車保険の場合は保険料が安いので、いざという時のサービスがきちんとしていないのではないかと思う人もいるようですが、先ほど見てきたように、保険料が安いのはコスト圧縮をした成果です。すなわち、サービスの質を落として保険料を安くしているわけではありません。事故対応に関しても、代理店型と比較して見劣りすることはありませんし、ロードサービスの面に関しても、口コミなどの意見を見ると代理店型と遜色ないサービスだったと評価する声も数多く掲載されています。

しかし、具体的にどの通販型自動車保険に加入すればいいのかわからないという人もいるでしょう。その場合には、インターネットなどで通販型自動車保険ランキングが紹介されていますので、このランキングの情報を参考にしてみるといいでしょう。その他には、自動車保険の一括見積もりを使って、自分の条件で最安の自動車保険はどれかをチェックしてみる方法もおすすめです。